相続するなら知って置きたい!相続税の支払方法とは!?

相続したら相続税は必ず発生するもの?

相続税は被相続人が亡くなってから10か月以内に納付の義務があります。納付場所は所轄税務署、郵便局、金融機関で、基本的に現金での支払いが認められています。とは言え、遺産を相続した人が全て相続税を支払っている訳ではありません。相続税の納付義務のある相続人は日本人の100人に4人程度です。相続財産が基礎控除額に満たない場合では、相続税そのものが発生しません。まず相続をすることになったら、自分に相続税を支払う義務があるかを確認しましょう。

相続税を現金で払えないなら資産の売却でOK

相続税は申告期限を過ぎてしまうと延滞税などが発生し、損をします。期限までに現金で支払えない分が発生した場合には、売却可能な資産を売って支払うことが可能です。一般的に土地や家屋などの不動産が多いでしょう。法定相続人が複数の場合なら遺産分割を早めに済ませて、申告期限の10か月以内に現金化して下さい。ただし不動産を売却して譲渡益が発生するとここでも税金を支払わなければなりません。申告期限から3年以内の売却の場合に適用される特例などもあるので、税理士などに相談をして少しでもお得に相続税納付をしましょう。

相続税は分割払いでOK

相続税を10か月の申告期限に支払えない場合に、相続税を延納する方法もあります。相続税の延納とは、相続税を分割納付すると言う意味です。相続税額が現金で支払えない大きな金額であり、最低でも10万円以上の場合であることや、延納税額相当の担保の提供と申請書や担保提供関係書類の提出をした場合に延納の要件を満たします。100万円以下の延納税額で期間が3年未満なら担保はいりません。延納する場合には相続税の他に利子税(利息)が発生します。金融機関に借入をして相続税を支払う手段もあるので、利率からどちらが得かを検討して選択しましょう。

弁護士に相続税相談をすると、基本的な流れも的確に解り、書類作成や申告も漏れがなくスムーズに運びます。

Separator image